ホームページ作成見積もりを5社から入手

ホームページ制作を考える上で、料金がいくらになるのかは気になるところです。各社の料金設定が一律では無いため、適正価格が分かりにくいと思いますが作成するホームページのページ数・文字数・画像数・機能・クオリティや依頼する制作会社の規模によっても違います。

そこで、当社のホームページ制作の見積り依頼を行なってみました。

見積もりをする上で条件は同じ内容でお伝えしましたが、制作会社の話を詳しく聞くと「ホームページに検索機能はない」とか「SSL化はオプション料金」と追加料金が発生することが多かったし、機能やページ数の提案も頂けるのですが正直不要だと思うものが多かったです。何も分からない方は、制作会社の言うがままに追加していくと、かなり高額になってしまいます。

当社ホームページのトップページ+下層5ページ分を作成したときの見積書を入手してみました。

ホームページ作成見積もりを5社から入手

ホームページ制作料金の相場を知るため当社HP作成を他社に依頼してみた

インターネットで「地域名+ホームページ制作」で検索した上位のホームページ制作会社及び格安を謳っているホームページ制作会社の計5社に見積もりを依頼しました。

HP制作会社見積もり
A社1,580,260円
B社1,265,000円
C社612,700円
D社127,600円
E社43,780円

見積書を依頼するのに、打ち合わせまで行なうところもあれば、打ち合わせは無しでヒアリングシートが送られてきて「記入して下さい」と、記入した内容をホームページに記載するので1500文字以上あったほうがいいですというような感じのホームページ制作会社もありました。

一概には言えないけど、傾向的にはこんな感じかなというのを表にまとめてみました!

費用高い項目費用低い
多い制作に関わる人数少ない
ある打ち合わせない
重視オリジナルデザイン普通
多い文章量少ない
多い修正回数少ない
長い製作期間短い
別料金アフターフォロー無し
対応スマホ対応未対応

制作会社の規模により価格が異なる

制作会社の規模により価格が異なる

ホームページ制作会社の見積書を入手して分かりましたが、制作会社の規模によって料金は大きく変わるケースがほとんどです。それは、ホームページ制作費用のほとんどが人件費だから「フリーランス」「小規模制作会社」「大規模制作会社」で異なります。

フリーランスの場合

料金は非常に安く5万円~20万円程度が相場のようです。
私も1件、フリーランスの方に見積書を依頼し13万円程度でした。ただし、SSL化は別料金、スマホ対応していると言われましたがスマホでホームページが見れるだけでスマホ対応(レスポンシブ)になっていませんでした。パソコンで見れる画面がそのままスマホでも見れる感じで、文字は小さく、拡大しないと見えない、また、見たい・知りたい情報がどこにあるのか分かりにくかったです。

安くホームページを作成したい方にはいいかも知れませんが、作成後のサポートがないため、ホームページのバージョンなどが古くなってきたり、何かの干渉でホームページが表示されなくなったときなど対応してもらえないケースもあるようなので注意が必要です。

ポイント
  • 制作費用・管理費は安い
  • HP記載の文章や写真は発注者側が用意する
  • ホームページを作ったらサポートが無いことが多い

小規模ホームページ制作会社の場合

社員数5人程度の小規模なホームページ制作会社は20万円~60万円程度が相場のようです。
今回、見積もり依頼した中で60万円程度の見積額がこの小規模にあたる制作会社です。分業されていて、社長を筆頭にカメラマン・ライター・デザイナーなどがおり、制作期間も2ヶ月前後のため見積額も高めになっています。

打ち合わせでは予算内でどうにか対応するための内容を話してくれましたが見積書を見たら、当初の概算よりお15万円ほど高い見積もりが届きました。何が高くなったのかという細か説明はなく「社内で検討した結果、ご要望のHPを作成するためには見積書の価格となります」ということでした。

ポイント
  • 自社で全て完結できるところは比較的安い
  • 外注しているところは価格が高め
  • 打ち合わせ後、制作会社で文章を書くことが多い
  • 写真については自社撮影または発注者が撮影し提供
  • 月額定額制でサポートがあるがプランによって内容が異なる

大規模ホームページ制作会社の場合

社員数が多く、社内でチームを組んで制作に取り組むため100万円を超えてくることがほとんどです。
プロデューサー・チーフ・WEBデザイナー・プログラマー・カメラマンなどチームを組んでHP作成を行ない、製作期間も長くなる傾向にあります。

プランも充実していますし、フリーランスや小規模ホームページ制作会社に比べたら品質は高いです。汎用性がないため、修正や改修するためには制作会社に依頼する必要があり、その費用もかなり高いと言えます。

ポイント
  • 品質が高い
  • プランが充実している
  • 製作期間は長い

オリジナルにこだわるか、テンプレートか

オリジナルにこだわるか、テンプレートか

ホームページの制作時にデザインによって料金が大きく違ってきます。まずは、オリジナルデザインにこだわるか、テンプレートでも構わないのかというのを決めておくといいです。

オリジナルにこだわる

ホームページを1から作ることになるので、プログラムを使ってコードを書いていくので期間も工数も掛かります。また、見た目のデザインも必要になります。そのため、オリジナル性の高いホームページが作れます。

プロのカメラマンやプロのデザイナーが開発に参加することが多く、費用も高くなります。

テンプレートを使用する

現在、主流となっているのがWordPressを導入してテンプレートでホームページを作成する制作会社です。WEBサイトを構成するテキストや画像、デザインレイアウトなどのデータを管理することができるので、プログラムやコーディングなどの専門的な知識が無くてもホームページ制作ができます。

WordPressのようなCMSには独自のテンプレートが多数あり、業種・業態やホームページ作成の目的、機能性などにあったテンプレートを使用することで見積もりや制作費を抑えることができます。

ホームページ制作目的でも見積もりは変わる

ホームページ制作目的でも見積もりは変わる

ホームページを作る目的によって、見積もりは異なります。あなたが、どんな目的を持ってホームページを作ろうと思っているのかを依頼するときに、きちんと伝えることが大切です。名刺代わりにホームページを作る場合と集客するために作るホームページ、ネットショップを作る場合など、それぞれ制作料金は変わってきます。

このときに考えないといけないのがSEO対策です。ホームページをどのキーワードで上位表示させるかによってコンテンツ作成のリサーチなどが変わってきます。

例えば、「会社名」や「店舗名」で検索にヒットするホームページを作ることは簡単です。でも、これだとすでに知っている人しかインターネットから検索していないのが現状です。「商品名やサービスのジャンル+通販(地域)」のようなキーワードで検索したときにホームページが表示されるように作ることは非常に難易度が高くなります。

ホームページを集客目的に作成する場合、SEO対策に対する費用も掛かってくると思わなければいけません。また、SEO対策が得意なところもあれば、得意でないところもありますので事前に確認しておくようにしましょう。

今回、見積書を依頼した5社中4社がSEO対策については、あまり得意ではなさそうでした。100万円を超える1社は別料金で外注すると言っていました。

まとめ

今回は、実際に当社のホームページを作成するにあたって、他社で見積もりを作成してもらいましたので、その結果と相場について書いてみました。

当社の制作料金は、相場から考えると比較的安い料金設定になっています。その理由は、小規模なホームページ制作会社であることと、外注しないで自社で作成することから中間マージンが発生しないからです。

また、WordPressのテンプレートを使ってホームページを作っていきますので、オリジナルで作成する制作会社よりも見積もり金額は低くなっています。だからと言って、安かろう悪かろうではなく、高品質なものを提供しています。

もし、あなたが地域に根ざしたローカルビジネスをしているなら、私たちが提供するホームページはぴったりだと思います。福岡市周辺・糸島市でホームページを作りたいなら、ぜひお問い合わせ下さい。